JRの内定が欲しい就活生必見!知っておくべき「内田クレペリン検査」

  • #SPI・WEBテスト対策
キービジュアル

記事更新日 2022年09月06日

30秒 就活力診断!

この記事内容の監修者

ジョブトラ編集部
ジョブトラアカデミー編集部です。 早期内定をサポートする、リアルな体験談やコラムを発信しています。

 

「内田クレペリン検査なんて聞いたこともない」といった人も少なくないはず。


しかし、内田クレペリン検査は、就活生、特にJRを含む鉄道会社を志望する学生は事前に知っておいたほうがいいものです。


この記事では、内田クレペリン検査とは一体なんなのか、就活生は内田クレペリン検査をどのように対策するべきかなどを解説していきます。


それでは、内田クレペリン検査の謎を解いていきましょう!

 

JRの内定を目指す就活生は知っておきたい!「内田クレペリン検査」とは?

 

内田クレペリン検査とは、一言でいうと「計算するだけの試験」です。


計算結果の3つのチェックポイントに着目することで、受験者の働きぶりを判定しています。


「計算だけで働きぶりがわかるの?」と不思議になりますよね。


でも、内田クレペリン検査は普通の検査よりも嘘やごまかしがききにくいため、正確な結果が得やすいと言われています。

 

内田クレペリン検査はJR以外の企業でも導入されている

 

年間70万人もの人が受験している内田クレペリン検査を、採用選考の一環として取り入れている企業も少なくありません。


特に、JRなど鉄道系会社ではとても頻繁に使用されているため、JRなど鉄道系会社を目指している就活生は、事前にチェックしておくことをオススメします。


また、一般的には技術職の採用選考に内田クレペリン検査を用いるケースが多いです。


しかし、口コミなどを調査したところ、以下の企業では過去に文系職の採用選考でも内田クレペリン検査が用いられたケースがあるようでした。


・JR各社(北海道、東日本、東海、関西、四国、九州) ・花王 ・キリンホールディングス ・オリックス銀行 ・ADEKA


採用選考に内田クレペリン検査が組み込まれている企業は少なくないと考え、事前に内田クレペリン検査の基礎知識を身につけておきましょう

 

JRの内定を狙う就活生は要チェック!内田クレペリン検査の対策方法

 

就活生、特にJRの内定を狙っている人であれば事前に対策をしておくべき内田クレペリン検査ですが、具体的にどのような対策をすればいいのでしょうか。


ここからは、内田クレペリン検査の対策方法についてお話していきます。

 

内田クレペリン検査の試験内容

 

対策方法の前に、まずは内田クレペリン検査の試験内容をさらに詳しく確認しておきましょう。


内田クレペリン検査は、隣り合う数を合計して、その下1桁をひたすら書いていく試験内容になっています。
面接や質問は行わず、計算作業のみで検査を行うのです。

例えば、「8 5」と数字が並んでいたら、8+5=13なので「8 5」の間に「3」と書きます。


また、内田クレペリン検査の試験時間は35分。

前半15分、5分の休憩を挟んで、後半15分という時間配分になっています。


短い試験時間のように感じられるものの、実際に内田クレペリン検査を受けた学生からは「体力・精神力勝負の試験で、とても疲れる」といった意見が多く見られます。


ちなみに、私は内田クレペリン検査を受けたとき、まばたきをするのを忘れて途中から涙がとまらなくなりました……。


思わずまばたきを忘れてしまうくらい集中力が必要な試験なので、かなりの体力・精神力を消耗する試験であると感じます。

 

内田クレペリン検査で見ていること

 

内田クレペリン検査は受験者の働きぶりを「能力面」と「性格・行動面」のふたつの側面から判定しているものです。


作業量・誤答・作業曲線の3つが判定の要素とされていて「作業量」が能力面の評価、「誤答」と「作業曲線」が性格・行動面の判定につながります。


性格・行動面は「発動性」「可変性」「亢進性」の3つの強さと弱さによって判定されており、「発動性が強ければ気軽、素直、慣れが早い」「可変性が強ければ柔軟、機転がきく、勝ち気」「亢進性が強ければ強気、行動的、頑張りがきく」といった具合で判定しているようです。

 

内田クレペリン検査の対策方法

 

ただの計算作業のように思えて、かなり詳細な行動や性格まで判断される内田クレペリン検査。


きちんと事前に練習や対策をしておきたいものですよね。


内田クレペリン検査の対策は「受験時のコンディションを整えること」「他の試験や面接の練習をしておくこと」のふたつです。


「え!?計算の練習はしなくていいの?」と驚くかもしれませんが、実は、内田クレペリン検査は計算練習などの対策をするとあまりよくない結果が出やすいと言われています。


計算内容は非常に単純なので練習してもあまり伸びず、練習すればするほど「いい結果を出そう」と考えすぎてしまうせいで試験中の集中力が低下するからです。


内田クレペリン検査は単純な計算をするだけの作業だからこそ、集中力が結果に直結します。


ですので、「しっかりと睡眠を取る」「鉛筆を使い慣れる」と、集中力を最大限に高められるよう、受験時のコンディションを整えておきましょう


また、内田クレペリン検査の対策よりも他の試験や面接の練習をすることで、精神的に落ち着いた状態で採用選考を迎えられるよう、気持ちを整えておくのも大切です。


とはいえ、内田クレペリン検査を受けたこともないのに、何も対策をしないのを不安に感じる人もいると思います。


そういった人は、内田クレペリン検査の練習問題が載っているサイトを参考に練習問題を解いてみて、試験内容のイメージを掴むのがオススメです。

 

JRの内定を勝ち取るために、ベストコンディションで内田クレペリン検査を受けよう

 

内田クレペリン検査には、「過去問を○回やりこむ」「事前に判定項目を頭に入れておく」などといった具体的な対策方法がありません。


前日は早く寝て、当日は朝ごはんをちゃんと食べて、使い慣れた筆記用具を用意して、他の試験や面接の対策もしっかりして…。


そんなふうに、落ち着いて内田クレペリン検査を受けられるよう、心身共にベストコンディションに整えておくことこそが一番有効な対策なのです。


また、内田クレペリン検査では能力だけでなく性格や行動面も判定されます。


ときには、あなたの適性が企業とマッチせず、内田クレペリン検査の結果で選考不合格になってしまうケースもあるかもしれません。


不合格になると、まるで自分自身の人格を否定されたように感じ「もっと違う人間に生まれたかった...」なんて落ち込んでしまう人もいるはずです。


しかし、あなたの適正がきちんとマッチしている企業に務めたほうが幸せになれます。


自分を卑下しすぎず、前向きな気持ちで自分に最もマッチする企業を探し出しましょう!

 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

  • 会員限定の就活セミナーがいつでも予約できる!月50回以上開催中!
  • 一般非公開のインターンシップや説明会情報が見つかる!
  • 無い内定(NNT)から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活コラム・体験談が大量に読める!
今すぐ登録する

この記事内容の著者

ジョブトラ編集部
ジョブトラアカデミー編集部です。 早期内定をサポートする、リアルな体験談やコラムを発信しています。