モテる業界ランキング…かつて人気だった銀行員の行方

  • #業界・企業研究
キービジュアル

記事更新日 2022年08月29日

30秒 就活力診断!

この記事内容の監修者

ジョブトラ編集部
ジョブトラアカデミー編集部です。 早期内定をサポートする、リアルな体験談やコラムを発信しています。

みなさんこんにちは、よつばです。

最近某女優さんが一般男性とご結婚されたようですが、就活生のみなさんも一度は俳優さんとの結婚を夢を見ますよね。

 

「就職先はなるべく、モテる業界に行きたいはず!」

ということで、今回は就活生、社会人にアンケートを取りました!

 

ズバリ「モテる業界」とはどこなのでしょうか!

過去にもアンケートを取って特集しているのでそちらも参考にどうぞ!

 

>参考記事【就活生必見】社会人でモテる業界ランキング1~3位って?100名にアンケート調査しました!

 

世間一般でのモテる企業・業界って?

 

世間一般的にモテる業界とはどこを指すのでしょうか。

 

2019年、リスクモンスター株式会社が900人を対象に行った「合コンしたいと思う企業ランキング」のアンケート結果を元に分析します。

 

このアンケートによると、業種別の第一位は公務員、第二位はIT系、第三位は医療がランクインしています。

 

やはり、安定、堅実というイメージが強い公務員は上位にランクしていますね。

 

 

出典:リスクモンスター株式会社|第3回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査


 

企業別のランキングを見ると、国家公務員、地方公務員が1位、2位を占め、その下にトヨタ自動車、任天堂、Googleが続きます。

 

約20年前、東大・京大生の人気就職先で必ず上位に入っていた銀行の姿はほぼありません。

 

14位にみずほ銀行、28位に三菱UFJ銀行、61位に三井住友銀行が入るにとどまります。

 

安定といわれ、モテる企業だった銀行人気。

今やそれは一昔前の話なのでしょうか。


 

 

出典:リスクモンスター株式会社|第3回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査


 

次に、恋愛四季報を公開している株式会社フェリーチェの恋愛偏差値を見ていきましょう。

 

参考:株式会社フェリーチェ|恋愛四季報

 

ここでは、恋愛偏差値を女性の体験談から算出し、神ランクからBランクまで5つのランクに分けられています。

ここで一番高い神ランクに設定されている企業としては、ゴールドマンサックス、マッキンゼー&カンパニー、メリルリンチ日本証券、ボストンコンサルティング、モルガン・スタンレー、三菱商事、ベイン・アンド・カンパニー、Googleなどです。

 

金融系、外資系が並んでいますね。

三菱商事もグローバルに活躍する人が多いとすると、グローバル企業に人気が集中しているように見えます。

 

神ランクの次にあるSSランクには、日系企業もランクイン。

TBS、テレビ朝日などのエンタメ、商社、マイクロソフトなどが上位です。

 

いくつかの国内銀行はこのランクに分類されています。

 

全体を通して、平均年収が高い、社名の有名な企業が上位にランクしているといえるでしょう。

 

アンケート結果大公開

さて、お待ちかねのアンケート結果を大公開します。

 

今回は85名の方に「モテる業界とは?」という単純な問いにお答えいただきました。

 

結果は…


 


 

あれ?って思った方もいるかもしれませんが、上位に金融がランクインしました。

 

ここで指す「金融」とは外銀、金融、銀行、証券と答えてくださった方を含んでいます。

ちなみに金融と答えた方のうち、1/3は外銀と答えていました。

 

やはり、銀行は銀行でもこれからの時代は「外銀」なのでしょうか。

2020年の東大生の人気就職先にも外銀はランクインしています。

 

就活時においても人気です。

 

そして何より目を離せないのが、女優の石原さとみさんの結婚報道ですよね。

お相手は外銀のなかでもトップ企業です。

 

やはり、合コンでも引っ張りだこなんでしょうね。

 

金融業界を選んだ理由として挙げられたのは、

・高給

・石原さとみさん

・半沢直樹ブーム

・華やか

といった理由でした。

 

第二位は合コン常連客ともいえる商社です。

・高給

・スマート

・コミュニケーション能力

・学歴×グローバル×仕事できる感

・好きな顔

などが選んだ理由に挙がっていました。

 

第三位はコンサルタントでした。

この理由としても、高給、頭が良いなどの理由が挙げられています。

 

どの業界にもえいますが、選ばれた理由に、高給や頭の良さ、コミュニケーション能力などが挙げられていました。

 

これを網羅できればだれでもモテる社会人になれるのではないでしょうか。

 

また、女子大生と答えている社会人の方がいました笑。

これを読んでいる女子就活生のみなさん、今がチャンスかもしれませんよ。

 

モテる業界ランキング予想

ここまでの分析を通して、筆者的なモテる業界を3つ挙げたいと思います。

あくまでも、個人的な意見なのでご了承ください。

 

第一位 銀行

理由:半沢直樹ブームと石原さとみさんの結婚報道により、金融のイメージが一新されたのではないかと考えます。

 

第二位 IT

理由:これからITに関わらない業界はないといわれるほど、重要性が増しています。

またGAFAのイメージによる、IT企業の「かっこいい」というイメージは今後も続くのではないかと考えます。

 

第三位 商社

常にランキング上位に存在する、圧倒的合コン強者です。

営業として渡り歩いてきた方々のコミュニケーション能力は驚異的。

きっとこれからも上位に食い込んでくることでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回のアンケートは石原さとみさんの結婚報道直後だったこともあり、その報道に引っ張られてしまった気もしますが、とても興味深い結果でした。

「モテる業界だから」という理由で就活を進めるのも悪くはないかもしれませんが、それだけで決めて後悔しないように気をつけてくださいね。

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

  • 会員限定の就活セミナーがいつでも予約できる!月50回以上開催中!
  • 一般非公開のインターンシップや説明会情報が見つかる!
  • 無い内定(NNT)から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活コラム・体験談が大量に読める!
今すぐ登録する

この記事内容の著者

ジョブトラ編集部
ジョブトラアカデミー編集部です。 早期内定をサポートする、リアルな体験談やコラムを発信しています。