「自身を自由に表現して下さい」苦手な人が多いのでは?ESのフリースペース攻略法

  • #エントリーシート
  • #自己PR
キービジュアル

記事更新日 2022年09月01日

30秒 就活力診断!

この記事内容の監修者

ジョブトラ編集部
ジョブトラアカデミー編集部です。 早期内定をサポートする、リアルな体験談やコラムを発信しています。

はじめに

企業の選考を受けるには
エントリーシートを出すことが必要不可欠です。

その中で企業によっては学生に自由に書かせる、
フリースペースを設けている企業もあります。

今回はフリースペースの攻略法を紹介していきます。

フリースペースとは

フリースペースは何のためにあるのでしょうか。

そもそもエントリーシートは、
企業が「その学生は求める人材であるか」
を見極めるためにあるものです。

そのため企業はESのなかに
独自の設問を作ることで、
学生とのマッチングを図ります。

その中でフリースペース
という項目が出てくることがあります。

<フリースペースの意図>
・学生のPRの仕方から
 その人物の性格や価値観・能力を見極める
・志望度の低い学生をふるいにかける

フリースペースは苦手意識を持つ人が多いですが、
ここではそんなフリースペースを
最大限に活かすコツをご紹介します!

どんなことをアピールするのか決めよう

まず自分のどんなところをアピールしたいか
明確にしておきましょう。

<アピールポイントの明確化の仕方>
しっかりと自己分析をして、
自分の強みが何であるか理解する。

自身のアピールしたい事を明確にした上で、
具体的にどんな内容を書くか決めていく。

伝えたい事がある程度決まったら、
それをより魅力的に伝える表現方法を考える。


※はじめからインパクトを与えることばかり
 考えていると内容の薄っぺらい
 エントリーシートになってしまいます。

あくまでも自己PRの一つであり、
面接で詳細を聞かれるかもしれない
ということを忘れずに。

ここでフリースペースに書く内容について、
いくつかの例を紹介します!

1.自身のプロフィールや特徴について書く

一般的に書きやすく、
自身をストレートにアピールできるのが
このパターンです。

自分はどんな人間なのか、
どうやって生きてきたのか、
エピソードを組み込みつつ
自身の個性をアピールしてみましょう。

具体的には以下の項目があります。
①これまでの経験
②打ち込んできた事
③長所・短所
④今までで一番苦労した事
⑤特技
⑥座右の銘
⑦自分を表す漢字 など

2.入社後の自分の姿について書く

入社して5年後10年後どのような自分でいたいか、
その企業で自身がどう活躍していたいか
明確なビジョンを持っている学生は
そう多くありません。

そのため、今から未来の
キャリアビジョンが見えている学生は、
その企業に対しての熱意と成長しよう
という意思があり、
企業にとって頼もしい存在だと思われます。

行きたい企業にあった
自身のキャリアビジョンを伝える事ができれば、
他の学生との差をつける事ができるでしょう。

しかし、企業によってビジョンは様々であり、
それぞれについて企業理解を
しっかりとしておく必要があります。

 

3.ビジネスアイデア・企画書の案を書く

 

思い切って
「自分ならこんなプロジェクトをやってみたい!」
「こんなヒット商品を作りたい!」
という具体的なアイデアを
書いてみるのも良いでしょう。

ビジネスアイデアを書く上で、
実現可能であるかというのは
それほど重要ではありません。

それよりも柔軟で創造的な発想力、
またそのプロジェクトや商品についての
内容に説得力があるか、が重要となってきます。

【具体的に案を考える時のポイント】
5W1Hを意識して考えましょう!
これはビジネスにおける
基本的なフレームワークでもあります。

例えば、
Why なぜ
(◯◯で困っているから、など)
What 何を
(どんな商品を)
When いつ
(朝、昼、◯◯の必要性を感じる時、など)
Who 誰が
(学生、40代の主婦、など)
Where どこで
(キッチン、大学のキャンパス、など)
How どのように使うか
(飲む、机に置く、など)

このように具体的に当てはめていくと
アイデアを詰めることができます。

この考え方はESだけでなく
様々な場面で活用できるので、
ぜひ5W1Hを意識して書いてみましょう。

 

4.あえて何も書かない


広く真っ白な欄の真ん中に
「面接にて全てお話しします!」の一言。

これはかなりリスクの高いパターンですが、
インパクトは大です。

実際にこれで一次選考を通った方はいます。
勇気のある方はやってみてください。

表現方法を決めよう!

いかにアピールする内容が良くても、
人事の人達に読んでもらえなければ
意味がありません。

書く内容が決まったら、
次は「おっ」と思わせるような
見せ方の工夫を考えましょう。

ここでフリースペースをより魅力的にする
4つのポイント紹介します!

【1.できるだけ文章だらけにしない
もちろん絵や写真・色などを一切使わずに
文章だけで書き、選考を突破する人もいます。
しかし大手企業など
何千通ものESを見る人事からすると、
やはり文字だけでは目に止まりにくく
最後まで読んでもらえない可能性があります。

【2.視覚的効果を使う
たくさんのESの中で個性を出し、
インパクトを与えるためには
視覚的効果を使うと良いです。
具体的には以下のものがあります。

①写真を貼る
②イラストをつける
③カラーペンを使う
④色鉛筆を使う
⑤グラフをつける
⑥図を貼る など

より凝ったデザインであれば、
時間をかけて書いた事が伝わり、
その企業への熱意を
感じ取ってもらえるかもしれません。
自身の伝えたい内容に合った効果を
使ってみましょう。

(注意)派手にすればいいわけではない
ただ目立たせるために色をたくさん付けていると、
かえってゴチャゴチャしてしまって
読みにくくなります。
色や強調をつけるポイントとしては、
伝えたい部分を絞って
効果をつけることをお勧めします。

【3.レイアウトを考える
決められた枠の中でどこに文字を書き、
どこに図やイラストをいれるかなど
書き出す前にレイアウトを決めましょう。
文字や図の位置が違うだけでも
印象は大きく違ってきます。
以下のような新聞、雑誌、雑誌など
テーマにそったレイアウトも
参考にしてみてください。

【4.見出しをつける
文章を書く時には、ところどころに
見出しをつけると文がすっきりとして
分かりやすくなります。

一目見たときにわかりやすいかどうかを
意識して書くようにしましょう。

以上のことを意識して、個性のある魅力的な
エントリーシートを作成しましょう!!

おわりに

「あなた自身を自由に表現してください」
という設問は、テーマが決まっていないので
難しいと思いがちですが、

その分自分を最大限に
アピールできるチャンスです。

自由だからと恐れずに、
思い切って自分の魅力を伝えましょう!
 

編集部よりお知らせ:ジョブトラアカデミーとは

ジョブトラアカデミーは、日本最大級の就活情報を提供しているリアライブがお届けする、就活情報サイトです!

ジョブトラアカデミーに登録すると、

  • 会員限定の就活セミナーがいつでも予約できる!月50回以上開催中!
  • 一般非公開のインターンシップや説明会情報が見つかる!
  • 無い内定(NNT)から複数内定ホルダーへ一発逆転できる就活コラム・体験談が大量に読める!
今すぐ登録する

この記事内容の著者

ジョブトラ編集部
ジョブトラアカデミー編集部です。 早期内定をサポートする、リアルな体験談やコラムを発信しています。